상단메뉴

    • 変形核酸銀行
    • 2005 ~ Now
      浦項工科大学
      http://bmnas.knrrc.or.kr
    • 2005年度に設立された変形核酸銀行(Bank of modified nucleic acid system)は本研究室で合成される変形ヌクレオシド、ヌクレオチドおよびオリゴヌクレオチドなどの化合物を体系的に管理しており、合成される素材の活用方案を高めて共同研究の幅を広げ、国内核酸関連研究の質的向上を図るための核心的な役割を遂行している。
    • 単結晶銀行
    • 1998 ~ Now
      釜山大学
      http://cb.knrrc.or.kr
    • 遺伝体、半導体、磁性体、金属および薄膜用基板単結晶などの多様な単結晶を成長および総括管理し、研究を支援するための基礎測定と単結晶の情報まで提供している。また、育成された結晶を提供する時付加的に結晶の切断、練磨、軸方向決定まで共に提供することによって、研究者がより手軽に実験に臨めるようにしている。
    • 非中心対称素材銀行
    • 2014 ~ Now
      中央大学
      http://ncsmb.knrrc.or.kr
    • 非線形光学、圧電性、超電性、強誘電性、多剛性のように非常に有用な物性を持つ多様な非中心対称構造素材をバルク、薄膜、厚膜などの形で合成及び素子を開発し、これを通して、国内・外の利用者向けにカスタマイズした分譲をする。
    • 蛍光素材銀行
    • 2012 ~ Now
      釜慶大学
      http://pb.knrrc.or.kr
    • 蛍光素材銀行は研究用蛍光素材を開発、収集、管理して、研究試料の自己調達が困難な研究者に分譲し、蛍光素材の様々な情報を提供し、基本的な物性および分光学的物性データを提供する。
    • 多孔性ナノ素材銀行
    • 2014 ~ Now
      成均館大学
      http://pnb.knrrc.or.kr
    • 現在、商業化された多孔性ナノ粒子製品は、量的および質的で非常に限定的であるのに対し、バイオ、エネルギー、触媒など、多様な分野での応用可能性が非常に高い材料として脚光を浴びている。この多孔性ナノ素材銀行では、シリカ、アルミナ、チタニア、または複合ナノ粒子を合成、供給しようとし、多機能性多孔性ナノ粒子として磁性多孔性粒子、金ナノ粒子または金ナノ多孔性複合材料を合成して供給しようとする。
    • スピンゴリピド素材銀行
    • 2013 ~ Now
      ソウル大学
      http://slb.knrrc.or.kr
    • スピンゴリピドは、体内に存在する脂質の一種で、細胞の成長、分化、死滅および細胞の選択的物質移動において中心的な役割を果たし信号伝達物質として多様な生命現象に関与する。そのため、スピンゴリピドは、生命現象や作用機転の解明に幅広く活用され、また、抗がん剤開発のための主要物質、幹細胞を用いた神経細胞の生成、噴火調節物質、自己免疫疾患や臓器移植の拒絶反応調節物質など様々な新薬開発の中心的な素材として活用可能である。 スピンゴリピド素材銀行は、スピンゴリピドの総体的な素材集団を形成するとともに、様々な素材を活用した応用研究を誘導し、スピンゴリピド研究のインフラとしての役割を果たしている。さらに、関連研究機関や研究者との緊密な協力体制の構築を通して、生命現象解明、バイオ、新薬開発の効率を最大化する。
    • 高分子薬物前駆体銀行
    • 2010 ~ 2015
      慶煕大学
      http://bppp.knrrc.or.kr
    • 世界的に新薬開発と共に薬品伝達体系(DDS)の開発が脚光を浴びている。これと関連してPEGを使った薬品の水溶性化は大変重要な『ホットイシュー』になっている。しかし、医療用で使われているPEGは非常に高価で販売されている。国内では純度が高い医療用素材が生産されておらず、全量輸入に依存している実情だ。このような側面から、実質適医療効率性のある研究を遂行できるように、費用が安い素材を確保、備えつけて、国内関連研究者が安い価格で素材を獲得し、非水溶性蛋白質薬品を水溶性化および有用な新しい薬品伝達体の製造を容易にするために、高分子薬品前駆体で各種機能基を持つPEOを製造して、優秀な関連研究結果を獲得できるように支援するために設立された研究素材銀行である。
    • 色可変性微細粒子銀行
    • 2010 ~ 2015
      ソウル大学
      http://bctm.knrrc.or.kr
    • 未来型ディスプレイ市場が今後ディスプレイ市場を主導すると見られ、本素材銀行は未来型ディスプレイの一つである電子ペーパー市場先占のための源泉技術の確保を目的とする銀行である。このために本銀行は現在の白黒再生に終わっている電子ペーパーに色可変性物質を導入して新しい市場を先占しようとしている。色可変性微細粒子は大きく色を出すナノ粒子とこれを囲んだ高分子マイクロカプセルで成り立つ。超常磁性ナノ粒子は加える磁場の強さを変えれば、可視光の多様な色を出すことができる物質だ。色可変性ナノ粒子を外部の環境変化から保護して、マイクロ単位体として動作できるようにするために、高分子で成り立ったカプセルが存在する。既存の合成された材料の短所を補完して、大量生産可能な工程を開発し、色々な応用製品で実生活で利用できるように普及することが本銀行の目的である。
    • ペプチドライブラリー支援施設
    • 1995 ~ 2010
      浦項工大
    • 色々な種類のpeptide library素材の開発と各種libraryの特性に合う探索技術の開発および普及を主な任務とし、先端組合技術(combinatorial technology)の土着化と国内新薬開発および基礎科学研究において主導的な役割を果たしている。
    • 産業鉱物銀行
    • 1999 ~ 2009
      江原大学
    • 国内外で産出される主要鉱物素材に対して体系的な調査や収蔵はもちろん、鑑定、分析および関連研究を遂行しており、関連産学界のための知識普及のために、1)産業鉱物情報センター水準のウェブサイト運営、2)『産業鉱物シンポジウム』開催、3)全物学術情報誌(鉱物科産業)発刊、4)外部研究機関との連係事業摸索(鉱物標準化事業など)など多様なことも付随的に施行している。