상단메뉴

    • 高麗人参素材銀行
    • 2007 ~ Now
      慶煕大学生命科学大学
      http://gb.knrrc.or.kr
    • 高麗人参遺伝資源素材銀行は高麗人参の中の多様な種の種子、形質転換体、変異体および再分化体と包装植物体など各種遺伝資源を収集して分譲することによって研究の便利性を提供し、特に遺伝情報ソースを開発、収集して効率的に分譲することによって、名実共に高麗人参に関するすべての遺伝資源を利用し、製品化および実用化に一翼担います。また、高麗人参に関するすべての関連材料および文献情報のD/B化およびハブを構築して、国際的に競争力がある遺伝資源素材銀行になるために設立された。
    • 生理活性物質資源銀行
    • 2012 ~ Now
      朝鮮大学
      http://kbnmb.knrrc.or.kr
    • 生理活性物質銀行は天然物から得られた単一の物質および分画を研究者に分譲することを目的として設立された。本銀行は天然物で、単一の物質を精製する過程の中で得られた各種分画と構造解析に必要な分光学的結果を研究者に体系的に提供する。微量で得られた単一の物質は、相互の共同研究を通じ、新しい薬目標点と薬効を発掘しようとする国内バイオテクノロジーの研究チームと企業に提供を目的とする。また、国内の生命工学者に確保された純粋な化合物を提供して、新たに発掘された薬物目標点の薬効の解決をサポートし、最終的に得られた結果を活用した健康機能性食品や天然物新薬など天然物をベースとした事業の発展に寄与しようとする。
    • 韓国の植物DNA銀行
    • 2005 ~ Now
      高麗大学
      http://pdbk.korea.ac.kr
    • 韓国に生育するすべての維管束植物と国外の有用資源植物を総網羅して収集し、DNAを抽出、保管して利用できるようにすることで、これと関連した分野の研究および開発に役立っている。現在、3,200種余り12,000 accessionsに該当するgenomic DNAを保有している。
    • ハクサイ科素材銀行
    • 2004 ~ 2014
      忠南大学
      http://brb.knrrc.or.kr
    • ハクサイ科食物は植物遺伝体研究のモデルであるArabidopsis thalianaと非常に密接な関係を持っており、また大変重要な経済的作物である。 最近、Korea Brassica Genome Resource bank (KBGRB)を構築して国際ハクサイゲノムプロジェクト(MBGP)(http://www.brassica.info)の認証の下に構造遺伝体学と機能遺伝体学に関連して、欠かすことのできない核心素材を保有している。KBGRBは種子およびDNA stockセンターとしてすでにハクサイ科作物の系統を育成保存し、細菌人工染色体(BAC)ライブラリー、cDNAライブラリーなど多様な形態の遺伝子銀行素材を構築している。この他にもmicrosatellites、発現配列タグなどMarkerを開発してハクサイで遺伝子地図を作成し、遺伝および育種のための基礎資料を提供する。
    • 韓国ジャガイモ素材銀行
    • 2008 ~ 2013
      江原大学
      http://kpgr.knrrc.or.kr
    • 世界4大食糧作物でありバイオエタノールの生産原料として重要視されているジャガイモの遺伝資源を収集して高付加価値新品種を開発して確保する。 遺伝資源の多様な増殖技術および保存方法を体系的に研究して、学界および農業関連産業に普及および技術移転し、ジャガイモ由来新素材開発、高付加価値医薬品市場の開拓、国内および海外種子市場を開拓する。
    • ミカン遺伝資源素材銀行
    • 2007 ~ 2012
      済州大学
    • ミカン変異株をはじめとする分子育種核心素材を開発し、これら素材の維持管理および活用支援体系を構築して、ミカンおよびその他作物の育種研究に研究素材および遺伝情報を提供している。
    • 香粧素材銀行
    • 2008 ~ 2013
      大邱韓方医大学
      http://kcmb.knrrc.or.kr
    • 韓方薬資源を活用して美白、アトピー治療、にきび治療、香料などの機能性香粧素材を開発して、学界および産業界に香粧産業の基盤材料を供給する。トーキ、川芎、ビワなど100種余りの韓方薬資源から単一抽出物と機能性複合処方抽出物を確保し、素材の安定性検査と効能検証を通じて高付加価値素材を分譲するシステムを構築して機能性香粧ブランドの開発を支援している。
    • 代謝疾患素材銀行
    • 2010 ~ 2015
      嘉泉大学
      http://mprb.knrrc.or.kr
    • 伝統生物素材を利用する天然物新薬分野は21世紀バイオ産業の核心を占めると見込まれ、天然物関連新薬開発のための研究開発の基盤構築および活性化のために本銀行を設立した。伝統医学および民俗植物学的情報を根拠とした東アジア産および国内産薬用植物素材を収集して、天然物薬材、種子、抽出物、証拠標本の形態で保管している。 保管された素材は免疫および代謝疾患に関係した新薬開発研究者に開発に関連した基礎研究材料として使われ、主要薬用植物の起源確認および系統分析を通じた種判別および原産地区分に関する重要基礎資料にも利用されている。
    • 天然物新素材銀行
    • 2009 ~ 2014
      円光大学
      http://nnmb.knrrc.or.kr
    • 天然物新薬開発促進法の制定で韓国の天然物新薬開発に寄与できる基盤を設けるという研究目標を設定し、多様な方法の抽出、分画、分離方法などに対する持続的な研究を遂行する間、多くの試行錯誤を経て天然物の規格化された分画物製造方法を確立した。これによって、『標準化試料』を核心技術を利用して製造し、基本的な生理活性と共に安全性評価情報を製薬会社、研究機関および学界研究者などに提供することによって、医生命分野の研究発展と関連産業の発展に寄与する。
    • シロイヌナズナ発達突然変異体銀行
    • 2003 ~ 2008
      韓国科学技術院生命科学科
      http://bio.kaist.ac.kr