상단메뉴

    • バクテリオファージ銀行
    • 2010 ~ Now
      韓国外国語大学
      http://www.phagebank.or.kr
    • バクテリオファージ(bacteriophage,phage)はバクテリアをホストとして増殖するウイルスだ。バクテリオファージはバクテリアと相反する存在として、1915年にFrederick Twortと1917年にFelix d'Herelleによって最初に報告された。陸地、海、河川、深海だけでなく、私たちが摂取する食べ物などからも発見され、生命体の中で最も個体数が多い存在だ。地球上に1030ないし1032匹が存在すると推定され、生態系で微生物のバランスを調節する役割を遂行する。バクテリオファージは最近新しい分野への応用性が増大している。また、有用な生物資源という側面から多様性確保レベルの接近が要求されている。我が銀行はこのような要求に応じて世界的にすでに発表されたバクテリオファージだけでなく、ひいては韓国で新しく分離したファージで銀行を構築して、研究者から寄託を受けると同時に研究者にdistributionするセンターとしての役割を遂行する。
    • かび遺伝資源銀行
    • 2005 ~ Now
      ソウル大学
      http://cfgr.knrrc.or.kr
    • 世界で唯一植物病原性かびに特化された素材銀行で、病原性を検定したイモチ病菌突然変異体約2万菌株を含んで、総45種2万4千菌株余りを確保している。菌株の収集と関連研究者に対する分譲、ワークショップ開催、国際協力研究などを通じて植物病の原理理解およびかび菌株の多様性および分子生物学的特性の糾明、遺伝資源のデータベース化などの目標を遂行している。
    • 抗生剤耐性菌株銀行
    • 1999 ~ Now
      ソウル女子大学
      http://ccarm.knrrc.or.kr
    • 抗生剤耐性問題を解決するためには微生物学、生化学、医学、薬学、農畜産学者の協力が必要だ。抗生剤耐性菌株銀行は、この目標の中心的役割を遂行するために1999年に設立された。このために臨床、農畜産、環境から抗生剤耐性菌を収集してこれらを耐性機転により分類して保管し、生化学、微生物学および新薬開発関連研究者に必要な抗生剤耐性細菌と関連情報を提供して、抗生剤耐性細菌発生機転と進化などの基礎研究、抗生剤耐性発生防止のための研究および抗生剤耐性細菌を抑制できる新薬研究の開発に寄与する。現在の抗生剤耐性菌株銀行はClinical Laboratory Standards Institute (CLSI)とWorld Data Center for Microorganisms (WFCC-WDCM)会員で活動して、抗生剤関連国内外学会開催の便り、最近の研究動向など抗生剤耐性関連情報を提供しており、耐性細菌の寄託と保管業務、そして耐性研究と菌株保管技法の教育のためのワークショップとセミナーを開催している。
    • 病原性ウイルス銀行
    • 2005 ~ Now
      高麗大学医科大学微生物学教室
      http://kbpv.knrrc.or.kr
    • 1973年に設立され、30年間運営されている高麗大学ウイルス病研究所の運営体系を母体に設立された。病原性ウイルスの体系的な収集、保管、同定と遺伝情報および生物学的情報を分析して、確保された素材を研究者に分譲するだけでなく、ウイルスおよび関連情報の提供および研究開発の諮問的役割を遂行している。
    • 環境微生物銀行
    • 2005 ~ Now
      京畿大学
      http://kemb.knrrc.or.kr
    • 水質、土壌、海洋などから環境微生物を分離同定して、韓国固有の土着菌株および遺伝子を分離保全している。これらのうち、環境汚染物質を除去する能力を持った菌株をスクリーンして汚染源除去効率を検証し、菌株を分離確保、生物学的処理技術を開発、資源化することで経済的効果をもたらしており、関連学問および産業の発展に寄与している。
    • 韓国口腔微生物資源銀行
    • 2013 ~ Now
      朝鮮大学
      http://kcom.knrrc.or.kr
    • 歯周病(歯周炎)、虫歯、歯髓と歯根端疾患、歯性上顎洞炎と顎骨骨髄炎などの口腔疾患の主要な原因因子は口腔内細菌と知られており、これらの口腔内細菌は、さまざまな全身疾患(心血管疾患、糖尿病、骨粗鬆症、肺疾患や未熟児出産)とも関係があることと知られている。すなわち、口腔の健康が全身の健康とも密接な関係があるという意味である。当韓国口腔微生物資源銀行では、様々な口腔細菌感染症がなぜ発生するのか、どうすれば予防できるかという研究に必要な韓国人由来口腔微生物菌株と遺伝体の情報を取得して、多数の科学者に提供することを目的とする。
    • 地衣類素材銀行
    • 2007 ~ Now
      順天大学
      http://kolabic.knrrc.or.kr
    • 地衣類は菌類と藻類の共生体で、世界的に14,000種以上が報告されており、極地方から赤道まで、海水面から8,000m以上の山岳地帯まで世界のすべての地域に分布している。これはかなり以前から食用、伝統薬材などの多様な用途で利用しており、地衣類代謝産物は地衣類にだけ存在する独特の物質で、多様な薬理効果が優れていると知らされている。しかし、これらの物質は産業的な応用だけでなく研究用の目的で利用するのに多くの制約がともなっている。地衣類生物素材銀行は地衣類形成かび、共生藻類および地衣体を専門に分譲する国内唯一の核心的素材銀行で、研究、教育および産業的活用を支援するために、科学技術部国家特殊素材銀行事業の支援で国立順天大学内に韓国地衣類研究センターと地衣類生物素材銀行を設立して運営中にある。
    • メタゲノム素材銀行
    • 2012 ~ Now
      成均館大学
      http://mgrb.knrrc.or.kr
    • 自然界に存在しているが確保や活用されず99%以上の未発掘および難培養性微生物のゲノムであるメタゲノム(環境誘電体)を早期に抽出.確保.保存して、国家固有の生物資源の拡充に寄与して世界的なメタゲノム素材銀行に発展させる。また、確保したメタゲノムおよびライブラリを国内、様々な研究者が波及性•活用性のある国内独自の新規有用素材を開発するのに利用するようにしてバイオテクノロジーの発展と国家競争力の向上に寄与し、その上、次の世代の研究者たちに伝えて、将来の技術に融合することができる未来型バイオリソースとして国家的保護•管理を行う銀行の役割を遂行しようとする。
    • 植物ウイルス銀行
    • 1999 ~ Now
      ソウル女子大学
      http://pvgb.knrrc.or.kr
    • ウイルスは電子顕微鏡的ナノ生物体としてその構造が蛋白質と遺伝情報を持ったゲノムで構成されていて、生命体だけで生物の特徴である増殖をする生命現象を理解して、遺伝子発現と機能研究のモデル生物体として生物学全分野とナノ研究素材などに活用性が高い基礎研究素材である。植物ウイルス遺伝子銀行(Plant Virus GenBank,PVGB;http://www.virusbank.org )は1999年科学技術部韓国科学財団から国家指定研究素材銀行に指定され、植物ウイルス関連研究素材の開発、収集分譲を主な任務とし、ソウル女子大学に設置され運営中である。国家的に保存価値が高く、生命工学および関連基礎科学分野で活用性が無限のウイルス研究素材の遺伝資源を収集、保存して研究素材に開発し、国内研究者に多様なウイルス関連遺伝資源の迅速な分譲と研究情報の提供を通じた基礎科学研究インフラ構築を重点に運営されている。植物ウイルス遺伝子銀行は韓国植物病理学会、韓国植物ウイルス病研究会、園芸研究所、イギリスSCRI研究所、国立シンガポール大学、国際ウイルス分類委員会植物ウイルス分科およびDB小委員会、国際園芸学会傘下国際草花ウイルス病ワーキンググループ、アジア植物病理学会など関連学会および機関と持続的な研究インフラの相互共有システムを構築し、2001年にはWFCC-WDC Mの会員銀行になった。また、国家的主要農業遺伝資源の一つである植物ウイルスを取り扱う植物ウイルス遺伝子銀行は2005年12月農村振興庁農業遺伝資源管理機関に指定されて運営中にある。
    • キノコ菌株銀行
    • 2002 ~ 2013
      仁川大学
      http://ccm.knrrc.or.kr
    • 現在2,700種余りの野生キノコ菌株を確保している。国内に生息する野生キノコの遺伝資源を収集して培養法および育種素材としての可能性を検討し、キノコ遺伝資源の安定的普及システムを構築している。キノコ菌株の薬用および毒性評価、食用の可能性を検討して、確保された野生キノコの人工栽培法を農業、医薬産業体に移転し、技術支援して有用物質探索研究および大量分離事業化に基盤技術を提供する。
    • 希少有用微生物抽出物銀行
    • 2004 ~ 2009
      明知大学
      http://www.ecum.or.kr
    • 本素材銀行は希少生態系から微生物資源を確保することによって、新薬開発の基盤を構築して多様な生物工学産業に利用する目的で設立された。気候または生態学的に特異な地域の土壌や試料から分離した微生物を各種生産培養基で培養した後、色々な溶媒に抽出して製作した微生物抽出物ライブラリーを保管・分譲している機関で、韓国の微生物を資源化しており、必要とする生理活性検索機関に分譲することによって新薬開発の初期段階の種を提供している。特に本銀行では世界中の希少生態系の土壌を主に収集して、放線菌をはじめとする細菌とかびを分離することによって新規の物質を発見する確率を高めており、抽出物は溶媒に溶かして冷凍保管することで試料の安定性を高めている。
    • ヘリコバクター銀行
    • 2005 ~ 2015
      慶尚大学医科大学
      http://hpktcc.knrrc.or.kr
    • Helicobacter pyloriは人から最もよく発見される病原性細菌の一つで、胃炎、胃潰瘍、胃癌の原因菌で臨床的、商業的重要性にもかかわらず、患者からの分離が難しくて多くの研究者の診断、治療、予防研究の制約になってきた。H. pylori分離菌株銀行( HpKTCC )はH. pyloriの分類法を確立して研究者がH. pyloriに関する情報を簡単に確保できるようにするために、韓国と世界でH. pyloriを分離してその特性を研究している。現在H. pylori分離菌株銀行はH. pylori菌株600種余り、その他病原性細菌70種余り、細胞株300種余り、H. pylori 2菌株のgenomic libraryを確保しており、これから研究者に究極的な研究材料を提供することによってヘリコバクター感染の診断、治療、予防のための研究活性化に寄与するだろう。
    • 韓国微細藻類銀行
    • 1995 ~ 2015
      釜慶大学
    • 海洋微細藻類とは、海洋の一次生産者であり海洋生命の源泉である。海洋には約3万種以上の微細藻類が生息し、これらは年間約200億トンの有機物を生産するほどその種類と量が広大な生物資源である。海洋微細藻類は研究と教育の材料にはもちろん、多様な分野の産業に広く活用されている。韓国海洋微細藻類銀行は、韓国沿岸の有用海洋微細藻類を確保、開発し、研究、教育および産業機関に普及するために1995年科学技術部の支援を受けて釜慶大学養殖学科に設立された。
    • 粘液細菌銀行
    • 2007 ~ 2012
      湖西大学
      http://myxobank.knrrc.or.kr
    • 粘液細菌は放線菌に匹敵するほど多様な生理活性物質を生産分泌しながらも、相対的に探索があまりなされていない独特の生物資源で、新薬、特異酵素、biopolymerなどのような生物新素材探索に新しい材料として期待される研究素材である。粘液細菌銀行は保有している1,700菌株以上の粘液細菌を一般研究者に分譲し、要請により必要な培養液を供給して、菌株分離、突然変異製造、粘液細菌遺伝子のクローニングなどのサービスを遂行することによって、国内研究者が粘液細菌資源を効率的に使えるように2 0 0 7年度に国家指定研究素材銀行に選ばれた。
    • 水環境ウイルス素材銀行
    • 2009 ~ 2014
      カトリック大学誠意校庭
      http://wava.knrrc.or.kr
    • 本水環境ウイルス素材銀行は水から起因して人と動物に深刻な感染症を誘発するすべての水因性ウイルスおよびそのホスト細胞株を収集、保存し、これと関連した研究情報を構築して適正需要者に適時に総合的なソリューションを提供する支援システムを確立する。水因性ウイルス研究を遂行する国内外の病院、大学、研究機関、および政府機関などに水因性ウイルスおよび遺伝体の分譲とホスト細胞分譲、依頼を受けた水因性ウイルスの同定サービスを提供して、構築された研究情報および資料をオンラインで共有するようにする。最終的には生命科学の発展と国民保健に寄与する。