상단메뉴

    • 血清検体銀行
    • 2010 ~ Now
      中央大学
      http://hsb.knrrc.or.kr
    • 血清検体銀行は高危険群ウイルス抗原、抗体および核酸を含んでいる人体から由来した血清検体で、感染した患者の血液から収集することができる。高危険群ウイルスに属する代表的な種類には、B型肝炎ウイルス(hapatitis B virus:HBV)、C型肝炎ウイルス(hapatitis C virus:HCV)、ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus:HIV)、ヒトTリンパ好性ウイルス(human T lymphotropic virus::HTLV)などがある。銀行の主要機能は正確な高危険群ウイルス体外診断用医薬品の開発に利用(For establishment)、開発された高危険群ウイルス体外診断用医薬品の安全性、有効性評価のための臨床試験評価に利用(For validation)、許可された高危険群ウイルス体外診断用医薬品が持続的に正確な製品が生産されるように製品生産品質管理に利用(For verification)、高危険群体外診断用医薬品を使って診断する医療機関診断検査医学科検査室で診断正確度を高めて検査結果の品質管理に利用(For quality control)する。
    • 韓国婦人ガン銀行
    • 2012 ~ Now
      延世大学
      http://www.kgcb.or.kr
    • 婦人がんの発癌の過程だけでなく、診断および治療の研究のためには、基本的に腫瘍組織や患者検体の確保が優先されるべきである。しかし、今まで、これを資源化して効率的に管理する機関の不在で婦人がんの研究者は良質の実験材料を円滑に提供されなかった。したがって、婦人がん(子宮頸部がん、卵巣がん、子宮内膜がん)に関連する検体(一次性がん細胞株、組織、血液、唾液、骨盤液および尿)とそこから分離したDNA、RNA、蛋白質(プロテイン)を収集、保管および活用できる​​婦人ガン銀行を設立して、体系的な婦人がん研究のための基盤を構築しようとする。
    • 2016 ~ Now
    • 韓国白血病銀行
    • 2013 ~ Now
      カトリック大学
      http://klb.knrrc.or.kr
    • 韓国人特有の白血病細胞の各種基礎情報を確保するための診断法を開発すると同時に、国内の他研究機関の関連研究に活用するための情報ネットワークを整えた総合的な韓国人白血病関連細胞および遺伝子銀行である。
    • 前立腺銀行
    • 2007 ~ Now
      カトリック大学
      http://www.prostatebank.or.kr
    • 前立腺銀行は2007年国家指定研究素材銀行に指定、設立され、前立腺関連疾患(前立腺炎、前立腺肥大症および前立腺癌)の患者から検出された菌株および前立腺組織、そしてこれらの遺伝体を保管して関連研究者に分譲することによって、前立腺疾患研究のための研究素材を資源化して支援することを目標とする。
    • 韓国細胞株銀行
    • 1995 ~ Now
      ソウル大学
      http://cellbank.snu.ac.kr
    • 細胞株を開発、確保、大量増殖および凍結保存し、保有細胞株を国内外研究者に分譲して、細胞株に関連した情報を研究者に提供している。細胞株保有面では世界5大細胞株銀行の一つである韓国細胞株研究財団(KCLRF,Korean Cell Line Research Foundation)は、UN傘下WIPO (世界知的財産権機構)が認めた世界34ヶ所の国際特許微生物寄託機関の一つとして、国際特許細胞株寄託機関の役割を遂行している。
    • 肝臓癌検体銀行
    • 2005 ~ Now
      延世医大病理学教室
      http://lcsb.knrrc.or.kr
    • 研究用肝臓癌検体銀行は肝臓癌の診断および治療用バイオマーカー発掘の必須材料である肝臓癌患者由来組織および血液(genomic DNA,mRNAおよび蛋白質が損傷していない状態で保存)検体、あるいはTissue arrayをこの分野を研究する生命科学者の必要にともなって、分離活用できる状態で収集、保管して肝臓癌研究に従事する国内外生命科学者たちの基礎および臨床研究を活性化させるための基盤施設の構築および運営を目標にする。
    • 2016 ~ Now
    • 韓国人目組織および失明関連遺伝子銀行
    • 2003 ~ 2008
      カトリック大学
    • 研究用肺組織銀行
    • 2002 ~ 2012
      高麗大学
    • 肺疾患関連組織検体を多量収集、保管してBT関連研究者に提供している。単純な組織の収集、保管、分譲だけでなく、収集された組織検体を最大限活用して生命資源の浪費を防ぐ資源管理、研究と関連した各種情報および実験結果を体系的に管理する情報銀行としての役割も遂行している。今後biobanking専門家教育と国内ネットワークの活用、程度管理および多様な研究補助サービスを施行しようとしている。