상단메뉴

    • 老化組織銀行
    • 2000 ~ Now
      釜山大学
      http://atb.knrrc.or.kr
    • 老化研究の核心である老化組織を各研究者に必要にともなって迅速に供給することによって、研究費の重複投資を防止し、老化動物の飼育期間が必要なく、すぐに老化研究を始められるようにすることによって、老化研究の活性化に大きく寄与しており、また、これによって老人性疾病疾患の糾明にも大きく寄与している。
    • 動物生理活性物質銀行
    • 2007 ~ Now
      慶尚大学
      http://www.abrb.or.kr
    • 動物生理活性物質資源銀行は動物の成長に影響を及ぼす生理活性素材などを動物の作用に関連した薬用資源、動物分泌生理活性物質を確保し、1)薬理効果研究を通じた素材確保、2)素材開発、分譲および標準化、3)動物に対する応用、4 )経済性評価などを開発した結果を土台に素材を分譲および確保し、持続的に管理して最終的には国内外動物生理活性物質の素材分譲および確保を通じた研究増進を促進させる。また、動物を対象にした研究者および動物の成長に必要な生理活性素材などの確保および分譲を通じて資源確保およびハブを構築し、分譲および標準化に対するone-stopシステムの開発はもちろん、動物の適用に対する情報を構築する。最終的には国外の動物生理活性物質の素材分譲および確保を通じた動物生理活性物質資源のアンカー構築を通じて、動物産業の高附加価値創出および動物生命科学研究に大きく寄与できる動物生理活性物質資源銀行を構築する。
    • 医用節足動物素材銀行
    • 2007 ~ Now
      延世大学医科大学熱帯医学研究所
      http://amib.knrrc.or.kr
    • ウイルス、バクテリア、リケッチアおよび寄生虫など感染体の媒介あるいはアレルギー誘発など、直接あるいは間接的に人体の健康に影響を与える色々な種類の節足動物を体系的に採集および飼育して管理し、研究材料を他の研究機関に提供して、医学、生物学関連分野の学問とその他応用産業の発展に寄与できる基盤体制の構築を目標にしている。
    • 牛遺伝体銀行
    • 2007 ~ Now
      嶺南大学
      http://bgrb.knrrc.or.kr
    • 牛遺伝体研究素材銀行は牛の遺伝体研究に関連したすべての素材を確保、保管、整理、分譲することが目的である。本銀行には韓牛BAC libraryとgenomic DNA、外国牛genomic DNA、遺伝体Databaseなどを構築している。このような素材を土台に銀行を設立したのは2007年度だが、2002年度から遺伝子図書館を構築してP C Rと電気泳動などの実験を通じて、研究者が望む遺伝子を探して分譲している。このような素材の確保、分譲システムを通じて、分散している牛と関連したデータを一ヶ所に集めて、研究に必要な遺伝子を探して提供するサービスを提供することによって、国内の韓牛産業だけでなく研究者の国際競争力の向上に貢献する。
    • 脳神経細胞表紙銀行
    • 2014 ~ Now
      蔚山大学
      http://nrb.knrrc.or.kr
    • 脳神経細胞表紙銀行は、マウスの脳の多様な神経細胞-特異的標本を収集、分譲するために 忠北大学校に設立された。この脳神経細胞表紙銀行の素材は、形質転換技術を活用して、実験的に検証したものであり、これに対する素材の情報は、公共機関のウェブサイトよりご提供いただけます。また、脳神経細胞表紙銀行は、多様なBAC、cDNAクローンとマウスの脳から分離した核酸、蛋白質などを分譲している。
    • 寄生生物資源銀行
    • 2005 ~ Now
      忠北大学
      http://prb.knrrc.or.kr
    • 寄生生物資源銀行は国家指定研究素材銀行で2004年に設立され、主要業務は寄生虫の研究および研究資源を政府、産業体、大学研究機関に提供して技術支援と情報および有用な生物資源を開発する。寄生生物資源銀行の主要事業は資源の確保、保存および資源開発、情報創出、資源標準化を通じて科学発展に有効な資源提供などを目標とする。
    • ゼブラフィッシュ銀行
    • 2003 ~ Now
      慶北大学
      http://zomb.knrrc.or.kr
    • Zebrafishは小型熱帯魚で、最近人体をはじめとする動物の臓器がどんな過程を経て作られるかを研究する実験動物モデルに利用されている。すなわち卵子に精子が受精した後に各種臓器が作られる過程と関連した遺伝子の調節研究に有用に利用されている。また、先天的疾患を起こす疾患遺伝子を研究するために、実際の人の疾患と似たzebrafish疾患動物を作って、疾患遺伝子の機能を研究する目的で利用されている。このような人体の疾患と類似したzebrafish疾患モデルを収集、または製造して疾患遺伝子の機能を研究する実験室に提供している。
    • 環形動物資源銀行
    • 2005 ~ 2010
      中央大学
    • 陸上環形動物の土壌生態系の復元、農業生産性の向上、環境親和的廃棄物処理に非常に有用なミミズと血液凝固防止成分を生産して薬理学的に重要なヒルを主要研究素材にしており、その他の多様な環形動物の国内固有種をはじめとして、東南アジアなどの海外環形動物に対する研究素材を確保、管理して分譲を遂行している。ひいては遺伝子資源を開発して活用性を向上させる。